明かりのスイッチは見やすいところに設置

家の中では、昼間は過ごしやすいと思っても夜になるとたちまちこわいと思うことがありませんか?私の実家では、特にそのことについて感じていました。まず感じていたのは、なんといっても明かりをどこでつけたらいいのかわからないということです。電気をつけるスイッチが、どこにあるのかわからなくなっていました。住んでいる時には、感覚で覚えていたもののやっぱりわかりやすいところにあると一番安心することができます。
トイレならトイレの前にあり、キッチンならキッチンの入るところに必ずあるのです。今の家では、そのことが当たり前となっていますが、以前の家ではとても不便と思っていました。
そしてそのスイッチは、和室の場合も使いやすいことが一番です。それは電気によっては紐で引っ張るもののあるからです。紐だと暗い中で探すのは、困ると思ったことが何度もありました。和室でも、スイッチがあるといいですね。私の部屋もスイッチを、全ての部屋につけています。